【Transfer】真夏の移籍戦線・・・Vol.2

投稿者: | 2018年7月25日
Pocket
Facebook にシェア

 前回は移籍市場で積極的に動いているウェアウトハムとアーセナルについて書いたが、今回はここまで個人的に気になっている移籍を書いてみたい・・・というわけでいつもの取り留めのない文章の始まり。

Richarlison(Watford  → Everton)

 まぁ今回書き気になった移籍がこれ・・・我がエヴァートンがやっと選手獲得。今シーズン最初の新加入はワトフォードからリシャルリソンということとなった。21歳のブラジル人で長身だがメディアではウィングとして紹介されている。昨シーズン開幕前の夏にフルミネンセからワトフォードに加入。その時のワトフォードの監督は今シーズンからエヴァートンの監督となったマルコ・シウバだった。彼の加入もありワトフォードはいいスタートを切ったが、クーマンを解任したエヴァートンが後任にとしつこく付き纏ったことでシウバが集中を切らしてクラブも徐々に順位を落としていった。リシャルリソン自身も最初の12試合で5得点をマークしたものの、その後は得点できず下降するクラブに引きづられる形となった。結局シウバが辞めたわけだが、シウバの下でプレーしたかったのか、今シーズンからエヴァートンに加入。
 背が高い割には足技があり得点感覚のあったんでFWかと思っていたがウィングか・・・シウバはどこで起用するつもりでいるかひゃ分からないが、高さのある前線は欲しいところ。昨シーズン1月の加入で結果を出したトゥスンがいるが、純粋なFWではないので、やはり前線は欲しい。それともボラシィのようにタッパのある再度の選手として起用するのか・・・その場合、現状FWはトゥスンかカルヴァート・ルーイン、ニアッセあたりか・・・どちらにしてももう少し点の取れる選手が欲しいところ。ただし、今夏エヴァートンが一番欲しがっているのはベインズの後継となる左SBで彼のプレースキックは魅力だが、やはり年齢的な衰えが気になるようだ。またCBもバルセロナ所属でコロンビア代表でワールドカップに出場したミナを狙っている模様。昨シーズンは手当たり次第選手を取ったが、ルカクの代わりを獲得できず低迷したので、じっくり獲得する選手を吟味してもいいかもしれない・・・

João Moutinho(AS Monaco → Wolverhampton Wonderers)
Rui Patrício
(Sporting CP → Wolverhampton Wonderers)

 モウチーニョに関しては今日メディアで掲載された。モナコ、ポルトガル代表で下がり気味の中盤で試合を作るプレイメイカーがプレミアに初挑戦となる。ポルトガル代表ではロナウドとともにチームの中心として活躍してEURO2016を制覇。31歳になった今も精力的な動きは衰えていない。モナコでもリーグ優勝に貢献してチームの中核をになっており、CLにも出れるのに何故かプレミアの昇格組に移籍・・・で確認したところ、やはり代理人はジョルジュ・メンデス。現在ウォルブズのボードの一員(どんなポストかは不明)となっている彼が動いたことは想像に難くない。彼のほかにもポルトガル代表正GKのルイ・パトリシオも加入。彼の場合は現在スポルティングが問題を抱えているため、退団してフリーになってたのが大きいと思われる。ちなみにこのクラブにはやはりポルトガルのネヴェスという選手がおり、プレーは見たことないが何かと話題には上がってくる。監督もポルトガル人ということで、ポルトガルをベースにして新シーズンのプレミアへ挑みようだ。過去に2度プレミアリーグに昇格しているが、ともにすぐ降格している。ポルトガル選手の力を借りて初の残留なるか注目したい。

Alisson(Roma → Liverpool)
Xherdan Shaqiri(Stoke → Liverpool)

 まずはシャキリから・・・何故かここ数シーズンは中堅クラブのストークに所属していたシャキリだが、ストークが降格し移籍濃厚となり選んだクラブはリヴァプール。実はエヴァートンも獲得したがっていたとの噂があった。小柄だが高いスキルでスイス代表の中心的選手だがサラーやフィルミーニョとうまく連携が取れるのか気になるところ。昨シーズンの段階でライプツィヒのナビ・ケイタも獲得しており、機能すればリヴァプールの中盤から前線は非常に活気付く。
 そして、おそらく戦力補強するだろうと思っていたGKにもやはり梃入れが行われアリソンを獲得。カリウスでは勝てないとクロップが感じたかは不明だが、リヴァプールに加入して安定したプレーを見せるシーンは少なかった。そして、CL決勝でのあのプレー・・・確かに敗北は彼だけの責任ではないが、失点は彼のミスだ。アリソンが安定するプレーを見せるかは不明だが、カリウスよりは期待が持てる。後はロブレンがワールドカップで見せたような安定したプレーをしてくれることをコップは願うばかりか・・・

 今回はここまで・・・

 

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です