【Transfer】真夏の移籍戦線・・・Vol.1

投稿者: | 2018年7月22日
Pocket
Facebook にシェア

 ワールドカップも終わり出場選手は短いオフに入っているが各クラブはすでにプレシーズンのトレーニングを開始しており、各地でプレシーズン・マッチも行われている。それと同時に移籍関連もいくつか決まっており、今のところ大きな移籍としてはクリチアーノ・ロナウドがR・マドリーからユベントスへ、そのユベントスからブッフォンがパリ・サンジェルマンへ移籍したことか。
 プレミアリーグでもこの2人ほど大きな移籍ではないが、いくつか興味深い移籍決まっている。特に監督が変わったクラブでは戦術の変更、監督の好みなどで今までにはい移籍が実現している。そんな中で今回はアーセナルとウェストハムに関してここまでの流れを確認したいと思う。

●Arsenal●

【主な獲得選手
・Stephan Lichtsteiner(Juventus)
・Bernd Leno(Bayer Leverkusen)
・Sokratis Papastathopoulos(Borussia Dortmund)
・Lucas Torreira(Sampdoria)
・Matteo Guendouzi(Lorient)

 ヴェンゲルが”勇退”し彼の長期政権に幕が下ろされた。その後後任監督に注目が集まり、トゥッヘルなどの名前が上がる中、パリ・サンジェルマンを率いていたウナイ・エメリが新監督の座に着くこととなった。少し意外な人選のように思えたが、彼の元でチャンピオンズ・リーグの出場権、そしてプレミア復権を狙うことになる。
 彼がどのようなチームを作るかはまだ良く分からない部分があるが、獲得した選手はヴェンゲルとは違い色を見せている。最初に獲得した選手がリヒトシュタイナーで経験、実績ともに申し分ないがヴェンゲルであれば彼のような完成された選手は獲得せず、将来を有望視されている選手を獲得し、数シーズンをかけて選手を育てることを選んだだろう。他の選手を見てもGKのレノ、CBのパパスタソプーロスとブンデスリーガで実績を積んだ選手たちだった。そして興味深いのは最初に獲得した3選手がすべてDFということだ。昨シーズンのアーセナルを見るとディフェンスは心もとない感じだったので経験豊富な選手を獲得して、まずはDFを安定させたいという考えと思われる。また、エメリとしてもヴェンゲルの後任として当然彼と同じような成功を期待され、それ以上にタイトルという結果も期待されているため、名前のある選手を取ったのだと思われる。ただ、どの獲得したどの選手もプレミアの経験がないわけで、彼らは初めてウィンターブレークのないシーズンを経験することになる。その部分が不安材料か・・・また、ジルーが抜けてターゲットになれるFWの獲得は行われていない。エメリの戦術次第だが今後はこの辺りの修正が行われるかもしれない。

●West Ham●

【主な獲得選手】
・Ryan Fredericks(Fulham)
・Issa Diop(Toulouse)
・Lukasz Fabianski(Swansea City)
・Jack Wilshere(Arsenal)
・Andriy Yarmolenko(Borussia Dortmund)
・Fabian Balbuena(Corinthians)
・Felipe Anderson(Lazio)

 昨シーズン途中からモイーズを監督に据えて残留を果たしたものの、ファンがボードに詰め寄ったりと散々なシーズンを送ったウェストハムも監督をかつてマン・Cを率いてプレミア制覇を成し遂げたペジェグリーニに変え新シーズンに挑む。そしてここまで、移籍市場でとても精力的に動いている。獲得した選手もGKのファビアンスキにMFのジャック・ウィルシャー、FWではアルモレンコとすべてのポジションで満遍なく補強を行っている感じで、ライアン・フレデリックスも含めイングランドのフットボールに精通している選手を獲得している。昨シーズン、ジョー・ハートをマン・Cからローンしたものの全く満足のいく成果は果たせなかった。その点からもファビアンスキの獲得は納得のいく部分で、プレミアでの実績も十分だ。ウィルシャーもアーセナルで長年プレーしているのでプレミアでの実績は申し分ない。そんな彼らの獲得やヤルモレンコやアンデルソンの獲得を見てもウェストハムが割くシーズンの二の轍を踏まないようにしていることが伺える。
 ウィルシャーをプレーメイカーに据えるものと思われるが、どうも彼には負傷が多い印象があり、その部分が不安材料か・・・ただ、元々残留争いをするような戦力ではないので、ここにペジェグリーニの実績がうまく加われば面白いチームになるかもしれない・・・今シーズンはヨーロッパカップの出場権を狙ってくると思われるのでこれからも何人かの選手を獲得するかもしれない。

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です