【Russia2018】勝手に展望ワールドカップ・・・GroupH

投稿者: | 2018年6月14日
Pocket
Facebook にシェア

  • POLAND(3大会ぶり8回目)
  • COLOMBIA(2大会連続6回目)
  • SENEGAL(4大会ぶり2回目)
  • JAPAN(6大会連続6回目)

何とか全部のグループを展望できた・・・

POLAND

 久々の出場ながら第1ポットになったポーランド・・・ただ、そこまでの結果を出していたかなぁというのが正直な感想。それでも予選はデンマークに1度負けたが1位通過を果たしている。
 チームの中心は言わずと知れたレバンドフスキ。彼の出来がチームの成績に直結する。彼を抑えれば勝てそうなものだが、早々簡単に止められる選手ではない。現在センターFWとしては世界最高かもしれない・・・彼の周りにはグロシツキ、ジエリンスキ、ブワシュチコフスキがおり、アンカーにはクリホビアクが入る。DFはGKのファビアンスキ辺りを中心に守るが、守備が堅いとは言い難い。彼らのほかにもFWにミリクといった地味な印象だがいい選手が揃う。
 今大会緒戦がセネガルだが高さはともかく速さで勝負されたら不安が残る。日本戦は最低でも引き分けられるが、最後にコロンビア戦が控える。3大会振りと久々の出場だがグループリーグは突破したい。

COLOMBIA

 ペケルマンに率いられて前回大会久々に出場しベスト8進出。ただ、南米予選は4位とその戦力を考えると苦戦した感がある。
 今大会も中心はハメス・ロドリゲスだがこの4年間で色々合ったレアル・マドリーでは結局パっとせず、バイエルンへ移籍。そのバイエルンではレギュラーとして活躍してコンディションは整えている。彼以外のもファルカオ。クアドラードといったところが攻めの中心になる。新顔で注目したいのはイスキエルドで今季プレミアの昇格組みであるブライトンで存在感を放っていた。
 緒戦は前回大会グループリーグ最終戦で対戦した日本。前回は完勝しているだけにいいイメージで試合に望めると思われる。最後のポーランド戦を考えるとセネガル戦も物にしてこの段階で突破を決めたい。個人的に最初にワールドカップを見て注目したチームが90年イタリアのコロンビアだった・・・バルデラマやリンコンを有した好チームだったが、そでに実績ではあのころを抜いている。おそらく今大会が彼らのピークと思われるので言い結果を残したいところ。

SENEGAL

 2002年の日韓大会の開幕戦、ディフェンディングチャンピオンのフランスを一蹴して最終的にはベスト8に進んだセネガル・・・それ以降はワールドカップと縁がなくネーションズカップでもいい成績は残せていない。
 今大会はフランスやイングランドで活躍する選手が多く、質の面では2002年より上。リヴァプールのマネにエヴァートンのゲイェ、ウェストハムのクヤテ彼らと前線のムサ・ソウといったところがチームを引っ張る。
 前回出場時のアリゥ・シセが監督としてチームを率い、アフリカ勢としては珍しく自国の面々で固めている。緒戦のポーランド戦次第ではグループ突破も見えてくる。高さでは勝負できないがスピードでは圧倒できるはず・・・コロンビア、日本相手にもそこは自信を持って戦える部分と思われる。前回出場時の結果を超えられるか・・・

JAPAN

 正直、書くことがない・・・別に下に見ているとかではなく、最後に日本の試合を見たのが前回のワールドカップだからだ・・・ヨーロッパ、特にブンデスでプレーする選手が多いので個々を見る機会は多いがチームとしてはこの4年間ほぼ見ていない。
 そんなチームで注目しているのは長谷部。フランクフルトで3バックの真ん中でプレーするようになりプレーの幅が広がった。彼以外にもプレミアでプレーする吉田、岡崎は通用するだろう。ただ、チームとして機能するかは甚だ疑問。
 緒戦のコロンビア戦で前回の雪辱を果たしたいが難しいか・・・選手うんぬんより4月に監督に就任した西野がどれだけチームを作れるか、そこがもっとも気になるところか。

●個人的な結果予想●

  W D L Pt.
Poland 0 0 9
Colombia 2 0 1 6
Japan 0 1 2 1
Senegal 0 1 2 1

苦戦が予想される日本だがセネガルからポイントは取れるのではないかと考える。得失点差で日本を3位にしてみた。ポーランド、コロンビアに関しては順位が逆になる可能性は半々。ポーランドDFがハメスを止める可能性とコロンビアDFがレバンドフスキを止める可能性を考えてポーランドに分があると考えた。

 

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です