【Russia2018】勝手に展望ワールドカップ・・・GroupB

投稿者: | 2018年6月5日
Pocket
Facebook にシェア

  • PORTUGAL(5大会連続7回目)
  • SPAIN(11大会連続15回目)
  • IRAN(2大会連続5回目)
  • MOROCCO(5大会ぶり5回目)

現欧州王者と元世界王者であるイベリアの2強が同居したグループ・・・何事もなく無風で終わる予感・・・

PORTUGAL

 EURO2016で”何故か”戴冠したポルトガル・・・個人的にはそんな感覚だった。正直グループリーグで敗戦してもおかしくなかった。しかし、どうもポルトガルにはそんなイメージが着いている。今大会の予選でも緒戦でスイスに敗れどうなるかと思ったが、それ以降は立ち直り本大会進出。一部に優勝候補に推す人もいる。
 このチーム観るといつも不思議に思うのだが、スキルのある選手が多くボールを保持し前に運ぶことができる選手が多いのにプレースタイルは守備からのカウンター・・・少ないタッチで前に繋ぐかいっそ中盤を経由せずに前に出す。スキルがありボールを持てる選手が本当にボールを持つスペインとはまったく異なるスタイルなのが面白い。もっとも前線にC・ロナウドがいれば、早めに彼に入れてペースを握るほうがよいのかもしれない。他のメンバーを見ても駒は揃っている。中盤ではモウチーニョが試合を作り、下がり目にはウィリアム・カルバーリョが控える。彼の守備とボールの散らしは直近のフレンドリーマッチだったベルギー戦でも効果的だった。左サイドには今シーズン、マン・Cで優勝を手にしたベルナウド・シウバがいい働きをしている。ナニが代表を外れたが、彼の代わりは十分務まると思われる。守備陣では右サイドにソアレス、左にラファエル・ゲレイロが堅実に攻守に貢献。CBのぺぺとフォンテもポカはするが屈強・・・他にもゲデスやアンドレ。シウバといった若手がおり、ベテランのクァレスマもピンポイントで仕事し、広い場面でプレーできるジョアン・マリオもいる。
 問題点があるとすればジョアン・マリオの守備面で、ベルギー戦でも彼がフラフラしている間に左を攻められ、ほぼフリーでクロスを上げられる場面があった。また優勝するチームとして考えるとGK陣が少し物足りない・・・ベスト4くらいまで行く力はあるかもしれないが、優勝はかったるい気がする。

SPAIN

 90年代、予選ではめっぽう強いくせに本大会ではベスト8の壁が破れず”予選だけの無敵艦隊”などと陰口を叩かれたスペイン・・・それがEURO2008を制すると、WC2010、EURO2012と主要大会で立て続けに優勝。当然前回のワールドカップでも優勝候補に名を連ねた。しかし・・・緒戦でオランダに大敗するとそのままいいところなく1次リーグ敗退。続くEURO2016でもトーナメント1回戦でイタリアに破れるという悪い意味で昔を思い出させるシーンが続いた。
 しかし、監督をロペテギに代えてから息を吹き返し、予選ではイタリアを相手にせず突破。再び優勝候補の一角に名を連ねる。選手を見てもポルトガルより穴が少ないGKにはデ・ヘアがおり、CBはラモスとピケ・・・中盤ではブスケツやイニエスタが相変わらず存在感を示し、前線はおそらくディエゴ・コスタが入ると思われる。他にもイスコやチアゴ、ダビド・シウバとタレントには事欠かない。特に今シーズンを最後にバルサを去るイニエスタにしてみれば最後のワールドカップになってもおかしくなく、彼の決勝ゴールで初戴冠に輝いたWC2010のような成功を望んでいるはず・・・
 問題があるとすれば、他国のリーグより少し長い国内リーグのスケジュールとCLで決勝まで進んだレアル・マドリー勢の疲れとやり切った満足感だろうか・・・それでもベスト4はマストとして決勝進出するだけの力は十分ある。

IRAN

 アジアの盟主イラン・・・アジアの見ないので情報がほぼない・・・気になる部分としては監督のケイロスで母国ポルトガルと対戦することになる。本当にこのグループはイベリア半島に縁がある・・・
 選手の所属を見るとヨーロッパの中堅国でプレーしている面々が多い。ギリシャやロシア、ベルギーやオランダ・・・意外としっかり戦えるかもしれないが、どうも中東勢は強豪に対してめっぽう弱い印象がある。それでも前回大会ではアルゼンチン相手に守備を固め、後一歩でドローという試合を演じた。結局メッシの1発で違いを見せられたが、守ることに徹すれば意外なチームから勝ち点1をもぎ取れるかもしれない。緒戦のモロッコ戦は確実に勝ちたいところ・・・

MOROCCO

 98年ワールドカップ以降、久々に本大会に進出したモロッコ、前回出場したときはノルウェーと引き分けスコットランドに勝利たものの、ブラジルがノルウェーにまさかの敗戦を喫してグループリーグ敗退となった。ただ、前回よりも難しいグループに入った感は否めない・・・
 ヨーロッパでプレーしている選手が多いので名前を聞いたことがある選手が多い。CBのベナティアや中盤のベルアンダ、右サイドのアムラバトといったところが中心になると思われるが、それ以外の選手がどれだけ頑張れるか・・・アフリカ予選では堅実な守備をベースに勝ち抜いてきたが、このグループでは嫌でも守備の時間が長くなる。どれだけ集中できるか、イランが緒戦モロッコ戦を確実に勝ちにくるだろうが、やはりモロッコも同じ考えを持っていると思われる。

●個人的な結果予想●

  W D L Pt.
Spain 2 1 0 7
Portugal 2 1 0 7
Morocco 0 1 2 3
Iran 0 1 2 3

 申し訳ないほど無難な予想だが、これか思い浮かばない。ポルトガル v スペインというグループリーグ1戦目で注目の戦いだが、どちらも先を見据え無難に1-1くらいで終わるだろう。その後この2チームが星を落とすとは思えず、この結果に落ち着くと思われ多少決定力があるスペインが1位で抜けると思う。下2つに関しても緒戦はドローを予想。その後は言わずもがな・・・何かが起きることを期待するが順位を返るほどの影響はないと思われる。


 

Pocket
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です